AOKIホールディングスサイトはこちら AOKI Holdings 公式ブログ

お問い合わせ

『親子で学ぶ人間の基本DVD贈呈式』が行われました!

 

皆さん、こんにちは♪


気温の変化が大きく、秋らしい気候になってまいりましたね。

体調などは崩されていませんでしょうか?

 


さて、先日AOKIグループが「公共性の追求」の一環として制作をした『親子で学ぶ人間の基本』のDVDを一般社団法人日本家庭教育協会に寄贈する贈呈式を行いましたので、その様子をレポートいたします!

 

「一体どんな贈呈式なの?」 と疑問に思われるかと思いますが、

まず、このDVDについて簡単に説明をさせていただきます!

 

 

親子で学ぶ基本DVDこのDVDは、老荘思想研究家の第一人者である田口佳史(タグチヨシフミ)先生監修のもと、中国古典「四書五経」を基に、基本的な道徳や礼儀など、 人間の基本姿勢 をお子様にもわかりやすく解説した家庭教育DVDです。

 

 

そして今回、「我が国伝統の家庭教育を復興し、より良い日本を再構築する」という一般社団法人日本家庭教育協会の設立趣旨に賛同したことと、「ひとりでも多くの方に見ていただき、学んでいただきたい!」という私たちの熱い思いから、社会貢献活動の一環として、3500セットのDVDを寄贈いたしました。

 

DVDは今後図書館などに寄付され、 

多くの方に見ていただけるようになるとのことです!! 


親子で学ぶ基本DVD贈呈式当日は、
弊社の青木擴憲会長(写真:左)とDVD監修者であり、日本家庭教育協会理事長の田口先生(写真:右)のトークセッションも行われ、
今の日本の教育について、熱い意見がかわされました。
 

私は大学で西洋哲学を専攻していたのですが、
儒教などの東洋哲学にも、とても興味がありました。

 

 

しかしながら中国古典は難解・・・。

 


「勉強したいな~」という想いだけはあったものの
原典を読み解くまでには至らずに、卒業してしまいました(笑)

 

 

そんな中国古典ですが、
このDVDでは、

退屈になることもなく、それどころか楽しく・わかりやすく、
お子さまでも楽しく見ながら学ぶことが出来ます!


イラストが沢山出てきますし、
なにより、田口先生が、漢文の一つ一つを現代風に、丁寧に、わかりやすく解説してくれるので、すごく勉強になります。

 

 

このDVDを今後、日本の教育の現場や、企業、ご家庭などでどんどん役立てていただきたいものです。

 

 

ご興味のある方は、ぜひご覧くださいませ! 

◇◆詳細についてはこちらよりアクセス!→『親子で学ぶ人間の基本』DVD

 

 

カテゴリー:AOKIホールディングス

AOKIのここがすごい! ~信州大学繊維学部との産学協同研究~


皆さん、初めまして!

 

今回は、AOKIと信州大学繊維学部との産学協同研究について紹介します。


皆さんは、AOKIが信州大学と協同で商品開発を行っていることをご存知でしょうか?


AOKIは、2003年から信州大学繊維学部(長野県上田市)とビジネスウェアを中心とした衣生活の快適性を追求し、これまでに数々の商品を生み出してきました。

(⇒詳しくは、産学共同開発特設ページへ)

 

このたび、信州大学を訪問し、西松研究室を見学してきました。

皆さんにも特別にその一部を紹介します!

 

 

◆目に見えない感覚的な「着心地」をデータで解明

1-1.JPG↑ これは何をしているところでしょう??

 


 

なにやら・・・↑ ホワイトボードに何やら写っていますが・・・

 

 

皆さんはスーツを着用した際、

「このスーツの着心地はいいな!」 と感じたことはありますか?

 


でもその感覚って人それぞれですよね。

心地良さの基準って今までなかったのです。


「今まで」?


そう、

その 着心地を科学的に数値化 したのが、

信州大学繊維学部の西松豊典教授(写真のお方です)なんですよ!

しかも、世界で初めての開発です!

 

例えば、スーツを着た時の筋肉の動き、

スーツが体に与える圧力(衣服圧)などの測定によって、

体にどれだけのエネルギーがかかっているかを分析。

 

 

動きやすいスーツは、

余計な動きをすることなく、体にかかるエネルギーも少ないといえるのです!

 

簡単に説明してしまいましたが、

動きの種類・動かす角度や速さなど、測定方法を確立するまでに3年はかかったそうです・・・。


AOKIはそんな技術を開発した西松教授と共に、

最高の着心地のスーツを開発するため、日々研究を重ねています。

 

そこで先ほどの写真の解答。
これは、体を動かし(実際はスーツを着用)、

圧迫感やツッパリ感などどのような着用感があったのか調べているのです

 

しかし、

人間の試験では問題点が・・・。

どうしても個人差が出てしまうのです。

人間ですから動作を一定にするのは難しいですよね。

 

そこで登場したのが、スイッチを押すと両腕が動くマネキン!!(下の写真中央)

西松教授(右)とAOKI商品開発室の柴田さん(左) 西松教授(左)とAOKI柴田商品開発室長(右)


 

マネキンでしたら動きや速さなを設定して、試験ができます!

こんなマネキンがあるなんてオドロキですよね。

 

 

他にも、

体温設定ができる「サーマルマネキン」や温度や湿度を変えることができる環境試験室もありました。

 

 

このように、人間での試験はもちろん、最新の実験装置を使用しながら研究が進められているのです。

そして、これらの研究の科学的データがあることで、お客様に安心してお勧めできる商品となります。

 

 

AOKIは今後もお客様が安心して着用できる商品を開発する「ものづくり」にこだわり、信州大学と共に画期的な商品を生み出していきます!

 

カテゴリー:ファッション
↑このページのTOPへ