AOKIホールディングスサイトはこちら AOKI Holdings 公式ブログ

お問い合わせ

ORIHICA×フォトグラファー ユニークなシャツが誕生!

こんにちは!

寒くなってきましたね。風邪などひいてはいませんか?
私は早くも風邪をひいてしまったようで、
喉が痛い痛い・・・

 

さて、ORIHICAは様々な個性を持ったアーティストと共同で、
シャツの企画をしているということは先日お話したかと思いますが、
今回は、2名のユニークな写真家とのコラボレーションが実現しました!

 

【写真】grace2.jpeg

まず、一人目は女性カメラマンのグレース・ミリケンさん。

日本を拠点にファッション関係の写真を撮り続けています。
どの作品もすべて魅力的で、見とれてしまいます。
 

【写真】beezer.JPG

2人目は男性カメラマンのビーザーさん.。

この方は日本でも数多くの展示会を開催されており、
1980年代の社会問題、アート、音楽シーンなどを写真に収録した
「ザ・ワイルド・デイズ」でその名が知れ渡りました。。
現在はロンドンに拠点を移し、世界各国で精力的に活動しています。

 

どちらの方ともお会いする機会があったのですが、

初対面にも関わらずとても気さくに話をしてくださり、
親しみやすく、優しいお人柄がとても印象的でした。

 

ちなみにお二人が企画したシャツはこんな感じ。

 

黒.jpg

グレースさんのシャツは、黒がベース。
これは、写真のフラッシュを反射して被写体を邪魔しないようにとの配慮だそう。
グレースさん個人も黒はお気に入りの色だそう!
私もこのシャツはグレースさんにもとても似合いそうだなと思いました。

ピンク.jpg

反対にビーザーさんは、

ピンク色のシャツにブルーのアクセントを聞かせたユニークなシャツを企画。
なんでも彼の育った80年代は、
みんな黒っぽいファッションをしていたのだそうです。
それに反発する気持ちが、
ピンクというカラーを選んだ大きな理由になったようでした。
また「ピンクは、愛と幸せの象徴で、男女共に魅力的に見せてくれるんだ」、と話されていました。

 

お二人ともとっても個性的な表現方法でシャツを企画されていて、
私もすごく楽しかったです。


※ 限定店舗:コピス吉祥寺店(グレースシャツ取扱い無)、

二子玉川・ライズ・ショッピングセンター店、五反田TOC店、名古屋パルコ店、調布パルコ店

 

この先もORIHICAは、
様々なアーティストとコラボレーションを行い
新たなエッセンスを吸収して魅力的なアイテム開発に役立てていきます。

 

カテゴリー:ファッション

AOKIが青森県に初出店!

皆さん、こんにちは!

 

先日、3泊4日で青森市に行ってきましたぁー!
女、みちのく一人旅・・・
ではなく、
青森市にオープンした店舗の応援です!

 

そう、このたび・・・

10月6日(土)、

AOKIが青森県に初出店いたしました!!
しかも「青森浜田店」「青森西バイパス店」

の2店舗同時オープン☆

 

 

店舗画像.jpg

(AOKI 青森浜田店)

 

西バイパス店.JPG

(AOKI 青森西バイパス店)

 

多くのお客様をお迎えするために、私も「青森浜田店」のお手伝いに行ってきました☆

 

今回、"AOKI 青森県初の店舗を出店"、

という記念すべき日ということで、
10月6日の開店前、「青森浜田店」にて、

オープニングセレモニーを行いました。

朝早くからお並びいただいている多くのお客さまに見守られながら、

地元青森でご活躍中のタレント・百香さんをゲストに招き、テープカットを実施!
先頭に並ばれていたお客様2名にも特別にご参加いただきました!
記念すべき、青森県のAOKIで初めてのお客様です!

 

聞くところによると、お二人は朝5時半くらいから並ばれていたとのこと。
店舗向かいにあるファミリーレストランで待機され、

こまめに状況を確認しながら、並ぶタイミングを見計らっていたとか!
お二人はお昼過ぎまでお買い物を楽しまれ、笑顔でお帰りになりました☆


テープカット.jpg 
(テープカットの参加頂いた皆様)

 

開店前、続々とお客さまの列が長く長~くつづきました。

店頭のワゴンセールもお客さまでいっぱいになりました。!
また、偶然にも、数か月前に横浜から青森にお引越しをされた顧客様ともお話をすることができました。

(本当にお店のご近所にお住まいでした!)
 

「青森にAOKIさんができないかなぁって思ってたんだよ。

今回お店ができるって聞いたから嬉しかった」

と言われたときには感激してしまいました☆

ご縁があり、本当に嬉しいです。

初出店ということもあり、

今回多くの方々にAOKIを知っていただいたこと、

そして、これまでAOKIをご利用してくださっていた顧客さまにも出店を喜んでいただいたことを実感でき、

はるばる青森まで来て良かったなぁと思いました。
 

 

まだまだ青森デビューをしたばかりのAOKIです。
地域に根ざしたお店を目指して努力してまいりますので、
今後とも末永くよろしくお願いいたします。!

 

次はあなたの街にAOKIができるかもしれません!!?
楽しみに待っていてくださいね☆  

カテゴリー:ファッション

第15回AOKIグループハーモニーコンサート

お久しぶりです!
10月に入り、紅葉が楽しみな季節になりましたね♪

 

先日、渋谷区のBunkamuraオーチャードホールにて、
今年もAOKIグループ主催の第15回『ハーモニーコンサート』を開催し、
約2000名の方々を無料でご招待しました。

 

 エントランス1.jpg

 

©K.MIURA


昨年は、12月に新日本フィル交響楽団と指揮者クリスティン・アルミンク氏をお招きし、

横浜みなとみらいホール大ホールにて開催し大変ご好評いただきました。

 

15回目となる今年は、昨年同様新日本フィルと、

指揮者には数多くの受賞歴をお持ちの大友直人さん、ソリストには今最も注目を集める若手チェリスト宮田大さんをお招きしました。 
 


今回の曲目は、若いときから第一線の作曲家として活躍し、

人生の後半は母国のチェコのみならず、

ヨーロッパ各国で高く評価されたドヴォルザークの2つの名曲。

 

一曲目「チェロ協奏曲ロ短調op.104」、は、大友さん指揮の元、

宮田さんの繊細で力強いチェロの演奏に心が澄み渡りました。

 

鳴り止まぬ拍手のあとのアンコール曲は、「荒城の月」。

静かなホールに美しいチェロの音色が響き渡りました。


宮田大(ブログ).jpg 
                                     ©K.MIURA


休憩後の2曲目は、ドォルザークにとって最後の交響曲「交響曲第9番ホ短調「新世界より」op.95」。

勢いのある第一章から一転、静かで穏やかな第二章、そして第三章から第四章にかけて情熱的に盛り上がり、

迫力が増す演奏に、ストーリー性を感じました。

 

歴史あるオーチャードホールとドヴォルざーくの世界観が溢れた曲調が一体化し、いつのまにか曲の世界に引き込まれていました。

演奏後は、盛大な拍手と熱気に会場が包まれました。

 

大友さん(.jpg 
                                    ©K.MIURA


今年も、素敵なホールでの演奏を地域の皆さまにお喜びいただくことが出来、大変嬉しく思います。

AOKIグループはこれからも、地域の皆さんにお喜びいただけるよう、
『公共性の追求』に取り組んでまいります。

カテゴリー:AOKIホールディングス
↑このページのTOPへ