AOKIホールディングスサイトはこちら AOKI Holdings 公式ブログ

お問い合わせ

北海道立近代美術館で「シャガール展」開催!

突然ですが、結婚式場を運営しているアニヴェルセルの名前の由来が、

マルク・シャガール作「アニヴェルセル(誕生日)」

であることをご存じでしょうか?

 

8214 アニヴェルセル表参道外観.jpg

 アニヴェルセル表参道

 

アニヴェルセルのコンセプト→http://www.anniversaire.co.jp/concept/

 

「アニヴェルセル」は、最愛の恋人ベラが突然訪れシャガールの誕生日を祝う感動のシーンです。

祝福の花束、手作りのケーキ、美しく着飾った最愛なる人の存在。そこに描かれているのは、おふたりらしさと愛に満ちあふれた幸福の時間。アニヴェルセルが理想とする、最高の記念日の姿です。

 


AOKIホールディングスでは、

アニヴェルセルのコンセプトの原点にもなったシャガールの作品を数点所有しており、「公共性の追求」の一環として作品を美術館に貸出しているんですよ!

 


20世紀を代表する画家のひとりとして、

世界中で人気のあるシャガール。

 

特に日本では人気ですよね。

そこに描かれている宙を舞うカップル、動物や花、そして鮮やかな色彩で描かれた幻想的な作品は、多くの美術ファンを魅了しています。

もちろん私も大好きです。


 

6月29日からスタートした北海道立近代美術館のシャガール展は、

今までと違った切り口のシャガールが楽しめます。

シャガールが60歳過ぎて挑み続けた巨大なモニュメント(記念碑的作品)の数々が多く展示されています。

 

会場.JPG

 北海道近代美術館

 

特にパリ・オペラ座の天井画の下絵は圧巻!!

(AOKIホールディングスからも油彩作品を2点貸出ししています)。


 

開会式当日は、シャガールのお孫さんであるメレット・メイヤーさん、

ベラ・メイヤーさんの双子のご姉妹も参加され、

華やかな雰囲気でスタートしました。

 

北海道立近代美術館の「シャガール展」は、

8月25日(日)まで。

 

その後全国4会場で巡回される予定です。

美術館では新しいシャガールにきっと出会えますよ。
詳細はこちらから。 

カテゴリー:AOKIホールディングス
↑このページのTOPへ