AOKIホールディングスサイトはこちら AOKI Holdings 公式ブログ

お問い合わせ

会社の忘年会の幹事を頼まれた! ~ポイント5つを抑えてあなたも完璧な幹事に~

今年も気づけば残り2か月。
あっという間!と毎年言っている気がします。

さて、年末と言えば「忘年会」!
今回は"会社の忘年会の幹事どうする問題"について考えたいと思います。

こんな時は、幹事マスター「Hさん」に聞きましょう。
【写真1,6】Hさん.jpg
Hさん(顔出しNGでした...)


Q.忘年会幹事で気を付けた方が良いことは何ですか?


①まずは仲間集め
【写真2】仲間集め.jpg


会社で幹事を任命されたら、まずは幹事仲間を集めましょう。幹事はお店を決めたり、参加者への連絡や出欠確認、参加費の回収、当日の進行などたくさんの役割があります。

参加者10名以下であれば幹事は1人で大丈夫ですが、10人以上なら2名、20~30名人以上なら3~4名の協力者が必要です!よく幹事をしている先輩にアドバイザーで入ってもらうと心強いですね。


②会場の予約は早めに
【写真3】会場下見.jpg

年末の忘年会において何よりも重要なことは、早めに会場を押さえること!

11月後半から忘年会が徐々に盛んに、12月中旬からは仕事納めに入り、忘年会がピークになります!11月中旬までには予約を済ませたいですね!

12月に入ってしまうと、せっかく素敵なお店を見つけてもすでに予約が入っていて断られるなんて事に。

特に金曜日は利用が集中するので、忘年会をお考えの方は早めに予約を!
人数は確定してなくてもいいので、大まかな予算感と人数を伝えて、仮押さえしましょう。


③お店選びの裏ワザ!

20~30人を超えるような大人数での宴会なら、サービスやディスカウントを受けられることも!
いくつかお店の候補を見つけて
「忘年会をしたいと考えている」
「実は他のお店も検討していまして...」と相談します。

お店としては大口予約は嬉しいはずなので、「ぜひ当店で!」ということでお店のサービスや特典を紹介してくれるかもしれません。


④参加者確認・会費の回収
会費回収.jpg
 

参加者リストはぜひとも作成することをおススメします。出欠確認がスムーズで、参加費の支払い管理もできます。

参加費の回収は、お酒が入る前に!
乾杯や締めの挨拶も事前にお願いしておきましょう。


⑤乾杯の挨拶
乾杯の挨拶.jpg
 
会社の忘年会ならではの注意点として、参加されない上司からのカンパ(=ご厚志)です。
カンパを頂いたら乾杯の前に
「●●部長からご厚志を頂きました」と全員に発表します。外せない礼儀ですのでお忘れなく!

最初の乾杯と締めの挨拶をおさえておけば、会は締まります!宴の間に催しやイベントを用意すれば、さらに盛り上がること間違いなし♪
ここは幹事のセンスで盛り上げていきましょう!



なるほど!とっても勉強になりました!
Hさん、ありがとうございます! 

そろそろ忘年会の幹事を頼まれた方、いらっしゃるのではないでしょうか?
ぜひ参考にしてくださいね。

「部長から個室にするよう言われました。でも20人も入る個室が見つかりません。お店を貸し切るには人数が足りないし、予算もオーバーしちゃう・・・」

こんなお悩みをお持ちの方におすすめのお店が、コート・ダジュールです。

●ブラックパーティー大.jpg
コート・ダジュール パーティールーム

大人数でも個室でわいわい、歌を歌いながら忘年会ができます!

【写真7】忘年会コース.jpg
忘年会コース


皆さん、素敵な忘年会を!

カテゴリー:エンターテイメント
↑このページのTOPへ