AOKIホールディングスサイトはこちら AOKI Holdings 公式ブログ

採用課に聞きました!就活のすゝめ

いよいよ3月!
2019年度就職活動が解禁となりましたね。

学生の皆さんはまだ寒暖の差が激しい中、説明会や面接に参加されていることと思います。

そんな皆さんが今一番気になることといえばやはり!
就職活動における「身だしなみのポイント」「面接でのポイント」ですよね。 

今回はAOKIの若手採用課メンバーに、お話を聞いてきました!
1 山下さん・宮寺さん.JPG
【株式会社AOKI 人事部人財採用課】
 (左)山下さん (右)宮寺さん

◆◆◆

Q. 就職活動中の身だしなみは
どんなところに気を付けたら良いですか?

宮寺さん(以下:宮)
スーツのサイズ感ですね。その人に合ったサイズできれいに着こなしていると嬉しくなります!逆にスーツがしわだらけだったり、シューズが汚れているのはスーツを販売している私たちとしては残念な気持ちになります...。」

山下さん(以下:山)
「私は清潔感しわや汚れも含め、身だしなみは細かなところまで注意を払うのがマナーだと思います。」

「第一印象は入室からの約6秒間で決まるといいますからね!面接だと、ドアを開けて椅子の横で面接官に挨拶をするわずかな時間になります。ほぼ視覚からの情報ですから、身だしなみは重要なポイントと言えますね。」


Q. 2人は就職活動をしていた時、
何に気を付けていましたか?

「私は自分を無理に飾りすぎないようにしていました。メイクもナチュラルに、髪型もしっかりした印象に見せたい時はポニーテール、女性らしい印象に見せたい時はハーフアップと変えていましたね。」

「私はジャケットを脱ぐ機会があった時にワイシャツにしわがないように、アイロンがけをしっかりしていました。あと緊張すると汗をかきやすいので、汗じみが響かないように肌着はマストアイテムでした。」
  
直筆身だしなみポイント.png
山下さん直筆の身だしなみポイント3点!

  
Q. おすすめのアイテムを教えてください!

「AOKIのおすすめはこちら☆☆」
4 山下さんおすすめ.JPG 
5 プレシャスラインスーツ.jpg

プレシャスラインスーツは「360度どこから見てもキレイに見える」スーツです。
美シルエット・深い色合い・ストレッチ素材で就活中も快適に過ごせること間違いなし☆

6.jpg
ジャケットを着てもくびれが見える、
きれいなシルエットが特長!
プレシャス特長.jpg


②「シューケア用品」
8 シューケア用品.jpg
 
スポンジタイプの革靴専用ツヤ出しシューケア用品。持ち運びできるタイプなので、面接会場に到着する前に最終身だしなみチェックをする際に使用できます。足の先までピカピカにして面接に臨みましょう♪

「ORIHICAはこちらのアイテムがおすすめです!」
9 宮寺さんおすすめ.JPG

10 スーパーノンアイロンシャツ.jpg
洗濯後にアイロン掛けが不要な優れもの!

アイロン掛けの手間が減るのは本当に便利!
しかも速乾性もあるので、汗をかいても安心です。


11 走れるパンプス.jpg

就職活動が始まると、様々な会場や企業へ訪問するため行動範囲が広くなります。そこで活躍するのが「走れるパンプス」!屈曲性の良いソールとかかと抜け防止の滑り止め、重心の安定するヒールポジションで走れて疲れにくいパンプスです。ORIHICAで働くスタッフにも人気のパンプスなんですよ♪


Q. 最後に就職活動中の皆さんへ
メッセージをお願いします!
 12 就活生へのメッセージ.JPG

「まず、第一印象が大事!身だしなみも大事な面接でのポイントです。好印象をゲットできるよう、身だしなみには十分気を付けましょう!」

「就職活動中は"内定をいくつもらえるか"を気にしてしまいますが、実際は入社できるのは1社だけ。大事なのは"ここで頑張ろう"と思える企業に出会えること。内定を獲ることはゴールではなくスタートです。

「あとは自分を演じすぎないことですかね。ありのままの自分を受け入れてくれる企業だと絶対仕事が楽しく思えるはずです♪」

宮・山「株式会社AOKIの採用情報はこちらをチェックしてくださいね!!みなさんのエントリーお待ちしています!」

◆◆◆

AOKI・ORIHICAの店舗・公式サイトでは商品面で就活生の皆さんをサポート。お2人のおすすめアイテムの他にも、嬉しい機能が備わったアイテムをたくさんご用意しています。




体調管理に気を付けて、就職活動頑張ってください!
私たちも全力で皆さんをサポートします♪

身だしなみで困ったら、ぜひお近くのAOKI・ORIHICAへお越しください。
店舗スタッフが丁寧にスーツの着こなしについてアドバイスしてくれますよ♪
カテゴリー:AOKI
↑このページのTOPへ